上手な借入で大きな買い物も安心

ローン金利について

固定金利期間選択型


ビジネス01固定金利期間選択型とは、契約する時点で定めた金利が一定期間続くものを指します。

例えば、10年固定金利の場合には、最初に契約した金利が10年は続くというものを指します。

その後は変動金利に移行するものもありますし、改めに固定金利で契約をし直すものもあります。
全期間固定金利に比べると金利が低いというメリットがあります。

その代わりに固定期間が過ぎたときの利上げのリスクを抱えなければならないと言えるでしょう。

固定期間が過ぎた後に金利が上昇していると、その後は高い金利で契約をしなければならないために、利払いが大きくなる可能性があります。
現在の日本は非常に金利の低い状態ですが、これは景気対策の一環として行われています。

ですから、景気が回復すれば利上げが行われる事は避けられないでしょう。

それがいつになるのかは分かりませんから、固定期間が過ぎたときには金利が上昇しているリスクがあります。

この辺りの金利動向を見極めないと、固定期間が過ぎた後に返済が苦しくなると言うこともあり得ることなのです。
10年後には給料も増えているだろうと考えるのであれば、10年間は固定金利にしておくことにメリットはあります。

また、繰上返済を活用して、固定金利期間の間にできるだけ残高を減らしておくのも良い方法です。


コメントを受け付けておりません。